「虹彩認証SDK」の仕様・構成

「虹彩認証SDK」の仕様・構成

当社の「虹彩認証SDK」は、「虹彩認証ライブラリ」を核として、虹彩認証に必要な「カメラ制御・虹彩画像取得・瞳孔径/虹彩径の計測、虹彩コード生成・虹彩コード照合」の機能を提供する開発キットです。
当SDKにおける虹彩認証ライブラリは、「動的リンクライブラリ」として提供され、アプリケーションからはC++のインターフェイスを利用して必要な処理を呼び出すことができます。(一部言語バインディングも提供可)
SDKの中には、コンソール上で動作するサンプルアプリやサンプルデータベースの構築も行う機能がありますが、ご自身で編集または置き換えることで、独自のアプリケーションやサービスを開発していただくことも可能です。

※ 当SDKのご利用には、専用の「虹彩カメラ」が必要です

虹彩認証SDK 仕様

対応OS macOS 10.11以降
Linux kernel 4.9以降、glibc 2.12以降、x86_64
Windows 7 以降(64ビット)
ー Visual Studio 2017 用 Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ要インストール
対応言語 C++
依存ライブラリ OpenCV 3.4.2
SQLite3
gcc(4.8以降を推奨)
dcmake(3.1以降を推奨)

虹彩認証SDK 構成一覧

名称 ファイル名 内容
1 虹彩認証ライブラリ [Win版] IrisSDK.dll
IrisSDK.lib
[Mac版] IrisSDK.dylib
[Linux版] IrisSDK.so
虹彩カメラ制御、虹彩画像の取得、虹彩コードの生成・照合、ライセンスアクティベーションを行う機能があります。
2 ヘッダファイル interface.h 虹彩認証ライブラリの各機能を利用するためのインターフェースの役割を担うヘッダファイルです。
アプリケーションから本ファイルをインクルードしてください。
3 サンプルアプリ
(コンソール版)
IrisConsoleApp/ 実際のアプリケーションへの応用を想定し、虹彩の撮影からデータベースへの登録、虹彩認証までの流れを、コンソール上で動くサンプルとして実装したサンプルアプリです。
4 目検出用
カスケードファイル
haarcascade_eye.xml OpenCVライブラリに含まれる目検出のためのHaar-like特徴分類器ファイルです。
5 ご利用ガイド IrisSDK_Guide.pdf SDKをご利用いただく際のガイドと手順書です。
6 虹彩画像サンプル Iris_sample.jpg 虹彩認証が可能な虹彩画像のサンプルです。本画像の画質を参考に虹彩撮影を行ってください。
7 虹彩カメラ SWI-IRCA-HM001
SWI-IRCA-SR001
当社より希望者の方へ有料でレンタルしている虹彩認証専用カメラです。虹彩の撮影距離に応じて、ヘッドマウント型と30cm型のカメラがあります。

ライセンスアクティベーションについて

虹彩認証SDKをご利用いただくには、はじめに「ライセンスアクティベーション」を実行する必要があります。アクティベーションは、「オンライン」と「オフライン」の2つの方式があります。

①オンラインアクティベーション

「オンラインサーバ」からライセンス情報を取得し、「虹彩認証ライブラリ」に読み込ませることによってアクティベートする方式となります。当社のホストするサーバと通信していただく必要があるため、インターネット環境が必須となります。

②オフラインアクティベーション(USBドングル方式)

当社から提供させていただく専用の「USBドングル」に書き込まれたライセンス情報を用いて、「虹彩認証ライブラリ」のアクティベーションを行う方式となります。この方式では、虹彩認証ライブラリをオフライン環境でご利用いただくことができます。(USBポート必須)
なお「オフラインアクティベーション」のご利用には、「虹彩認証SDK」の他に、「オプション」のお申し込みが必要です。

使用USBドングル:「ROCKEY2」
販売:飛天ジャパン株式会社

ROCKEY2

ご利用方法の詳細は「虹彩認証SDKご利用ガイド」をご覧ください。

「虹彩認証SDKご利用ガイド」ダウンロード>