見逃せない次世代UX
「虹彩認証SDK」誕生

パナソニックの特許技術を活用した
日本初の「国産 虹彩認証」をリリースしました

The Iris Recognition SDK

News

  • 2018.11.07「虹彩認証SDK Ver.1.2.0」をリリースしました
  • 2018.10.02虹彩認証SDK「開発版ライセンス」の提供を開始いたしました
  • 2018.06.25サイトをリニューアルいたしました
  • 2018.03.27当サイトの「英語版サイト」をリリースいたしました
  • 2017.08.01「虹彩認証技術」のデモ希望受付を始めました
  • 2017.06.27茨城新聞に当社の「虹彩認証技術」が掲載されました
  • 2017.06.20当サイト「虹彩認証セキュリティ」をNewリリースいたしました

虹彩認証SDK

スワローインキュベートは、日本初となる「国産 虹彩認証SDK」を開発いたしました。

「虹彩認証」は高い研究開発技術力を要するために実用化は難しく、これまで導入のハードルが高いとされてきましたが、当社では「他エンジン」や「IoTサービス」とも組み合わせ可能な「SDK」として企業さまにご提供します。

最先端の生体認証「虹彩認証技術」は、高速かつ高精度であり、その次世代UXはユーザーに感動をもたらします。

「虹彩認証SDK」の詳細> もっと読む>

虹彩認証とは

虹彩認証とは、人間の瞳にある「虹彩」を用いて「本人認証」を行う技術です。
「虹彩」は、顔や指紋と違い、生後2年以降は一生「経年変化しない」ことが大きな特徴です。

セキュリティ需要の高まりにより、「顔認証」や「指紋認証」など様々な「生体認証」が実用化されてきており、今までの「知的認証」や「所有物認証」に代わる、次世代の「本人認証」として注目を集めています。

「虹彩認証」は、その中でも高い精度を誇るとてもセキュアな認証技術です。

「虹彩認証とは」の詳細> もっと読む>

虹彩認証の導入/活用事例

虹彩認証は、その精度の高さから「セキュリティ関連事業」への導入需要が多くあります。
他の認証システムの代わりに「虹彩認証システム」を導入することで、その高い「UX」感はユーザーに驚きと感動をもたらし、サービスはより便利で豊かなものへと生まれ変わることでしょう。

Logo by Ethereum Foundation (2015)/Adapted.

虹彩認証システムの導入フロー

虹彩認証システムを導入するまでの参考フローです。
導入をご検討の場合、まずはお気軽にお見積もりをご依頼ください。
お見積もり以外のご質問などは、お問合せフォームからお願いします。

無料お見積もり>
Top